« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月25日 (月)

涙が出たよ

仕事から戻ってインしてみると、なんとニューマンをZ軍が占領しているではないか!
急ぎチームメイトのギジン・ドラルに声をかけ、2人でニューマンに飛んだ。

前の状況は分からないが、ポイントが1つ奪還されたりしているので防衛戦の最中なのだろう。
ハンガー到着したと同時にグフに乗り込み戦闘モードに切り替える。

やっとジオンにも都市が一つ戻ってきたのだ。
そう思うと嬉しくて嬉しくて、アホの様に辺りを飛んだり走ったりしていた。

「もう何十機投入しただろう・・」ふと、辛かった日々を思い出す。
爆死確定の都市特攻に「さぁ!みんなで行くぜ!」と声をかけることが出来ず
、ただひたすら単機で都市の中に突っ込んでいった日々。
誰かがきっと入ってきてくれる・・キッカケがあればいいんだ。
そう思って、何度も何度も特攻した。

しかし、たかが一人の特攻でどうこうなるようなEF陣営でもない。
「隊長・・・無駄死にですよ」と隊員からも声が出た。

しかーーーーーーし!これで良かったのだ!
俺は俺なりに必死に戦った!だから、その間諦めて戦わなかった人よりも、
今日の日が何十倍も何百倍も嬉しく感じられるのだ!

「楽しいィぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ~」

ジャーナルで叫びながら、さらに走り回る。きっと自分の事をよく知らない人は
あの人はアホだと思ったに違いない。

南無三さん・・VANさん・・銀ちゃんさん いつもよく見かける名前タグが、
今日はいつもに増してまぶしく光っていた。

最高だぜジオン!涙が出ちゃうよ

| コメント (4)

2006年12月24日 (日)

追加書き込み

このブログの表示形式上、どうしてもコメントが見づらいので追加補足という形でココに書き込みします。
前書き込み※タイトル「情けないよ」ですが、UPしたものは削除はしたくないし、
以後同じ事案が起きない為に少しでも役立ってくれればと思っています。なので、
読む方はコメント欄も全て読んでください。
色々な方から色々なコメントが入っていて、きっと何か役に立つと思います。

では!クリスマスイブなのに出勤なRED★でしたw

| コメント (0)

2006年12月23日 (土)

情けないよ

12/23(土) ニューマンで信じられない事が・・・。

友軍数機で攻撃をしていたが、連邦側の増援が次第に増えてきてテントに押し戻された。
30対4くらいの戦いだったけど、それでも友軍機は何度も何度も果敢に特攻していった。
散っていく友軍機の姿を見ながら「なんとか一矢報いたいな・・」と思い、自分はLA機にタイマンを申し込んだ。
だが、LA機搭乗の彼は「弱いですよ(^^;」との事。
こちらも別に弱いものイジメをして勝つのが目的ではない、何も出来ずに数秒で散っていくジオン魂の友軍達に、せめて一瞬でも熱く戦うジオン機の姿を見せたかっただけなのだ。

手持ちの機体がグフ1機だけだったので「じゃあガンダム以外なら誰でもいいよ」と提案した。
さすがにガンダム相手ではナイスファイトも出来ないだろう。
負けても良い、しかし熱く戦うジオン機の姿をこの勇敢な仲間たち見せたい。
そのためにはなるべく一方的な展開避けたかった。

タイマンを提案した自分は、撃墜された地点からNSでようやくハンガーにたどり着き、グフに乗り込んだ。
受けてくれる人が決まる前に準備をしておこうと、未装備のグフを武器ショップの方に向けた。

と、その時、四方から無言でビームが飛んできた。

「おい!」

あっという間に未装備のグフは落ちた・・・。

30対1の状況下で、さらにタイマン申請もしてる相手を集団で撃つのか?
すると、「誰も受けてないよw」とEFメンから声が出た。確かに、まだ誰からも承諾は得ていない。
しかし、あの状況で俺に何の脅威があって集団で攻撃する必要があるのだろう?
武器も盾も装備してない丸腰のグフ1機なのに・・・。

俺は常に「Pvで負けても相手を中傷しない」「相手を撃破した後に おつ~^^」などと笑顔で言わないと決めているし、それが我が隊のチーム規約でもあるし誇りでもある。しかし、あまりにも卑劣な相手に対しては別である。

「お前ら・・・クソだな」と言ってやった。 すると、「口撃はみっともないよ」と返事が返ってきた。
誰が言ったか忘れたけど、彼は言葉の意味が分かっているのだろうか?これは口撃などではない、卑劣な行為に対しての講義だ。
さらに「この場所でタイマンっていうのもどうかと・・(^^; 」という意見もでた。
では聞こう、UCGO内にタイマン専用リングなんていうものがあるのだろうか?
そんな物は有りはしない、しかし、今までどの場所でも1対1でのタイマン勝負はおこなわれてきたのだ。

ゲームで定められていないルールでも、プレイヤー間で脈々と受け継がれてきたローカルルールもあるはずだ。しかし、ローカルルールは所詮ローカルルールなので、これをどうこうという事も出来ないし、また、これ以上いう気も無い。

敵と戦う事がこのゲームである。自分がやられれば悔しいし、仲間がやられれば相手をも恨む。
しかし、そんな中でもトキア氏やリアム氏やmugen氏など、数々の友達が出来た。戦場で会えば敬意を表して優先的に狙ったり、お互いに負けるものか!とスキルを磨いてきたのだ。

自分が古い考え方なのだろうか?『勝てばよい』これが全てなのだろうか?・・・・。

まぁ、今日はメンツが悪かったのだろう。連邦にも熱い男達は確かに存在するし、逆にジオンにも卑劣な行為をするプレイヤーもいるのだろう。そう思って諦める事にしよう。

ふと思い出したが、戦友のリアム隊長がよく言っている言葉を思い出した。
「ゲームを楽しくするのも、つまらなくするのもプレイヤー次第」確かこんな感じの言葉だったと思う。
まさにその通りだ。

嫌な事は忘れて、明日からは自分で楽しい事を探そう。

Taiman01_1

あまりにも腹が立ったのでブログで名前を公表してやろうとSSを撮ったが、これを書いている内に怒りより悲しさの方が大きくなってしまった。個人の面子もあるだろうし、名前の欄にはモザイクをかけました。無修正が欲しい方は個別で連絡ください。

では。

| コメント (18)

2006年12月22日 (金)

勇者はいないのか?

12/20から風邪をひいてしまい、せっかくの連休(個人公休なんでね)が台無し。
昨日(12/21)は、朝からずっとダウンしていたので仕方なく布団に横になり、サブキャラのシンディ・レノックスで一日中穴を掘っていた。

12/22の早朝、これじゃダメだと体を起こしREDでニューマン向かう。
カクカク対策のために画面の解像度を低くしたので、新レイアウトでやってみる事にした。
しかし、どうもシックリこない。やはり慣れている配置に戻そうかな?と思ってる矢先に、
暇そうな連邦メン数機が突っ込んできた。
「多数対1機だと本当に強気だね(^^; 」などと思いながら、軽くからかってやるか・・と撃ち込んだ。
が、気が付かなかったのだが上空にも飛行機が数機居たらしく、攻撃が思ったより重い。
「か・・からかうどころじゃねぇw」相手が予想以上だったので反転、逃げるチキンREDw。
しかし、熱でボ~っとする頭と、解像度変更で配置を変えたため、アセると何がどこで何を見れば良いのかとさっぱり分からん。
「と・・とりあえずシールド交換!よしリペ開始!・・・あれ?シールド付いてないじゃんっっ!ああああ!リペ失敗!」

  ぼむっ・・・・アベシ

軽くからかうつもりが、シールド1枚消費した時点で爆死・・・情けない。

FATに乗りジ・テントに戻ると、さっきの奴らがハンガーを攻撃して囲んでいる・・・・。俺
一人しか居ないのに攻撃している・・・・。あのぅ・・あんたらと違って格納なんてしませんぜw 
とは言えなかったので「乗れないじゃん!つまんねーな」と捨て台詞を残してダーに戻った。

乗せないとPvできませんよ。
Pvが嫌いな人は・・

 一日中狩りでもしてろよ!

・・・ちょっと過激だけど、1対多数とハンガー攻撃にちょっとムカついたREDでした。

| コメント (0)

2006年12月18日 (月)

ニューマン陥落!

徹夜明け・・・仕事から帰ってきてから仮眠をとった後にログインする。
するとチーチャで「早く来い」とギジン・ググ・シゾの3名が呼ぶ。

とりあえずFATを飛ばすと、なんとニューマンが落ちたとの事!

システムの不満やプレイヤーの趣向の違いなどで、やや盛り上がりに欠けてた攻防戦だが、
それでも落ちたと聞けば心が躍った。

大至急ジ・テントからドムに乗り込み、ニューマンの核に入り込んでいった。

 「おお・・こ・・これがニューマンか・・」 

禁断の銭湯女湯に初潜入できたような感激が全身を駆け巡る。(誰か殴ってください)

 

さっそくハンガーでマーキング。 辺りにはNSの連邦兵士がチラホラと見受けられる。

正直言うと、G-3やフルアーマーGなどの登場もあり、
正面からゴリ押しされたらひとたまりもないな・・と思っていたが、
この変な時間の奇襲攻撃はまさにジオンのゲリラスタイルの象徴だ。

今回のアップデートでかなり不満を持つジオン兵士も多かったろうが、
大丈夫「これでジオンはあと10年は戦えるよ」

121800_1

進攻作戦が終わってから駆けつけたクセに、偉そうにハンガー前に立ってるRED★w

121801 121802

阿波踊りクラスのアグレッシブな動きで、幸せを表現しているRED★&ググw

  

進攻は成功したが、はたしてここから守りきれるものなのだろうか?
筋書きの無いドラマは、まだ始まったばかりだ。

| コメント (3)

2006年12月17日 (日)

雪ダルマとプレゼントw

121600 121601

たまには、こんなのもいいかw

| コメント (2)

2006年12月15日 (金)

都市防衛戦

仕事の都合で、本番の都市防衛戦の初参加が1日遅れてしまいました。

TCでの熱かった戦いを思い出しながら、ドキドキわくわく防衛戦スタート。

121400

占領ポイントの上に仁王立ちして、熱い漢(おとこ)達の攻撃に備える。 下から光が差していてカッチョイイw 気分はメイクアップ!わははははは!!せいらぁぁぁぁぁぁ~むぅぅぅぅぅぅ~ん!(即死してください(- -# ・・・w   )

しかし、待てども待てども誰も来ない。

「むぅ・・・」

待ちくたびれたので外に行ってみることにした。 すると!なんとEFテントが破壊されてるではないか!!その破壊されたテントの周りには何機かの友軍の姿が・・・。

これではMSに乗る事すら出来ない。 数機で囲んでいる人たちは、無機質なテントという物体を破壊して、それを囲むという行為で自らが強くなったような錯覚をおこしてるのではないだろうか? 情けない・・・。

まぁ、ゲームスタイルは人それぞれだろう。なので彼らのその行為を強く批判はしない。しかし、我が隊の望むゲームスタイルとはあまりにもかけ離れているので、自分はリッチモンドの街からダーウィンに戻りました。「ゲームスタイルは自由だ」「確かに完全防衛だ」そう心に言い聞かせて。

さてどうしようかと考えていると、遊撃隊長のカミーユ氏から「サザン行くよ~」と声がかかるw。 さすがだ!ナイスタイミング!

志願者をチーチャで聞くとパパパッと手が上がる。( ノ ←コレねw)

RED カミーユ ググ ミスト フォン・マグロ り・ケルメ の6人だったかな?まりゅー機が欠員だったけど、我が隊が誇る主力メンバー。ダーウィンのただの小さな1部隊だけど、熱いハートは大部隊にも負けないと常に思っている。

いくぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!w

121401

6人で街に特効後、ボスゾーンのNで頭数を対等にして奮闘。

「これがPVだぜぇぇぇぇ!」

1人がダメを負えば、代わりの誰かがシンガリに入りタゲを集める。時には隙を見て敵陣の真ん中をすり抜けタゲを外しつつカウンターで撃ち返す。 バースのメンツもよく追ってくれました。主力マッチョ軍団は、ボスゾーンもものとせず突進してきたもんねw 熱かった!

121402

MSを2ロスト後、最後は全員P-maxやら砂ザクやら狩用のMSまで出して戦いました。まるで、チューブのマヨネーズの最後を搾り出すようだったww

以前RX-78-2をゴチになったマカロニ・サラダ氏を最後に追いましたが落としきれなかったです><

マカロニさん強かったなぁ。よく粘ってた。 レビル将軍が、確かG-3に乗ってたと思うけど、アレも強烈だった。 格闘で一気にダメを持っていかれましたね。

なにはともあれ、熱いPvが出来て楽しかった。ササン&バースの皆さん、熱い迎撃を有難う。 そして、誇り高いPOZの戦士達にも有難う^^

| コメント (1)

2006年12月11日 (月)

Vメン襲来

12/11 AM1:00頃かな?

サブキャラのシンディ・レノックスで生産してたらビームライフルの音が・・・。

でも、「 襲撃か・・・まぁ、どうせいつものショボいのだな 」 とタカをくくって、そのまま生産を続けてました。

ん?

爆死w 一撃でトラックは昇天(おおーいw)

誰だよ狙ったのは?と連邦MS特有の足音のする方を見ると、なんと!Vメンw リアム氏の姿もある。

サブキャラを殺された怒りはドコへやらw わくわくしながらCCして、いざ!デリ・へる号で迎撃に向かう。

南テントに向かうと、途中に10機くらいの敵影。 タゲを合わせて1機・2機と落としたが、その後Vメンはテントに篭城。 しかし、さすがはVメン!格納しない!

「 おっしゃーっ!それならば俺の少ないCQBの刃を受けてみろ~w 」とテントに突っ込むと、すかさず大集中されて即死w

あ~あ・・せっかく大尉に返り咲いたのにねw

だが!せっかくVメンも頑張ってるんだから、熱く迎えないとダメじゃん!って事で、急いでFATに乗ってジテントに戻りドムに乗る。

「おらおらおらおらー!w」 とEFテントに特攻!またまた集中が・・(^^; ギリギリでリペ成功したけど、その瞬間にまたダメが70%を超えている。 「うひー(^^; 」 再度リペをするも、リペ完了前にRED昇天しましたw

もう一度急いでFATに乗り、残り1機しかないドムに乗り込み急ぎEFテントに向かうが、どうやら終わったみたいだった。

Vメンさん達の帰り際、リアムさんのミデアにご祝儀で1発撃ってあげましたw

まぁ、我ながら熱い迎撃をしたつもりです。2回も逝ってあげたモンw

| コメント (6)

2006年12月 9日 (土)

熱いぜサザン

12/9の早朝 大尉に返り咲いた!おめでとう俺ぇぇぇぇ~!w

・・・・・

  ・・・・・

    ・・う~む

落ち着かん・・w

どうも大尉になると死にたくなるらしいw なのでバースでGO~!わはははは!

120900

単身バースに飛ぶ。 まずいつも通りに街の周りをグルッと回るが不発。 時間も早すぎるので、少し時間つぶしに補給部隊をまわる事にした。

何箇所かの補給部隊をまわって驚いたのだが、全ての部隊が寸止めしてあるw 誰だか知らんけどハデにやったみたいだね。w

「これじゃ出てないなぁ・・」 半ば諦めかけてた所にNの反応が・・!「居たっ」

120901

Moon-Raceの紫音さん。陸ジムで狩りをしてるとこに遭遇。 ダメージが蓄積してましたが、背を向けて逃げても間に合わない事を承知してるらしく、正面から撃ってきました。場慣れしてるのでしょうね。見事でした。

逃げずに撃ちあった紫音氏をゴチそうになり、街に引き返すRED。 時間が少し経過していたので、そろそろ狩りに出てる人も居るかな?と再度街をグルっと回ると。

120902  120903

takayuki氏 ヤン・ボゥ氏 撃破。 「ゴメンね」と謝るのは相手に対して失礼なので 『ゴチでしたm(__)m』 とお礼を言っておきます。m(__)m

さて、そろそろマッチョが出てくるかもしれないのでw ココで一旦テントに戻り、補給をしてからMSチェンジ。(実はさっきまではP-maxだったから、逃げずに2人で撃たれてたらわかんなかったですよw。)

しかし、期待と裏腹にマッチョな兄貴達は登場してこなかったので、諦めてサザンに移動することにしました。

個人的にサザンに対しては警戒しています。 いい思い出がないw  いつもリペが完了する前に落とされてしまうからだ。 リペ失敗で死ぬ分には諦めがつくが、どうも集中砲火で瞬殺されるのは納得がいかないw。 まぁ、それも作戦ですからね。網に入る自分が悪いんですけどw

で、一路EFテントへ

 

  おっ?!

誰もいねぇ・・w

120904

一人寂しくEFテントの鉄柱の上に登り記念撮影(T_T) ww 登るのが結構難しかったですw。・・・もし、何度も鉄柱登りにトライしてる時に集中受けて死んだら、アホな伝説になったかもしれんですねw わはははは。

鉄柱にアディオス!と言い残して、その場を去るRED。 街の外周をまわりるが不発。 しばらくウロウロしてたけど飽きたので、補給部隊ででも狩りをするかとEFテント横の補給トラックを切り刻んでいた。と、その時!

EFテント付近に赤い点が一つ。 「くるか?」

しかし反応がない。 う~ん・・・

このまま破壊しまくってたら乗ってくれるかもしれんと思い、更に補給部隊を破壊する。 最初は寸止めにしてたけど、爆破すれば気がついてくれるか?w と爆破。 

すると!「きた~!w」

Daybreak隊miraさんがジムキャノンで突っ込んできた!

「俺・・俺・・寂しかったんだよおおおおぉぉぉw」(をい(--; )w

 単身で突っ込んでくるとは熱い。こうなったらHGでもなんでも撃ってきてくれw

120905

1対1のPvは久しぶり!一瞬で決着が着く戦いより500倍くらい熱いのだ! mira氏とREDで激しい攻防。 横移動して回り込んだり、体当たりをしてタゲを外したり。 接近するとサーベルではなくマシンガンの様な物を撃ってくるmira氏 BLASHとかいう武器だろうか?アレはちょっと痛かった(^^;

mira氏をグイグイと押し込み、街に近づく。 すると増援が1機・・2機 「ええいっ!邪魔をするなぁぁぁw」 (REDさん・・それが彼らの仕事なんですよ(^^; )

120906

ツカサ2号氏ともう一人(すいません名前記録してませんでしたm(__)m)が追加で 1対3に状況が変る。

「リペは十分に有るし、miraさんは多分逃げないだろう・・ならば!」 まずは、サーベルで斬りかかってきた名前忘れたさんから追い払う事にした。 斬ってくる人間っていうのは、たいがい撃たれ弱いものだ。 案の定数発撃ちこむとサササッと逃げていった。

次にツカサ2号氏に威嚇射撃。ダメが赤くなった時点で追うのをやめて、再度mira氏と戦う。 今度はタゲを外さずにmira氏のみに集中。例の強烈なマシンガンを喰らわない距離を保ちながらEXGバズを撃つ撃つ撃つ・・。 mira氏は何度かリペを成功していたが、いよいよという所で痛恨のリペ失敗!ついにmira氏が沈む。 敵ながらGJ・・!

mira氏撃沈のあと、残ったツカサ2号氏を追う。 街の直前まで追い込んだが、レーダーの無数の赤い点が動いた所で反転 「ふふ」 とチャットで不敵な笑いを残してREDは去ったのだった。 フッ・・

実は 「アディオス!わははは」 と打とうと思ったんだけど、余裕が全然なかったのは内緒ですwww

帰り道、NSのmira氏がポツンと立っていた。

RED「熱かったよ。ありがとう」

mira氏「こちらこそ^^ また対戦してください」

RED「ぜひ!^^」

mira氏「REDさんのブログ読んでますよ」

RED「miraさんの雄姿を書いておきますよ」

こんな会話だったと思う。(^^; miraさんの熱いハートに応えて、いつもより戦いを詳しく書いたつもりです。 楽しかった・・・久しぶりに燃える戦いだった^^ ありがとうmiraさん。

以前、こういう会話をしている隙に集中砲撃をされて死んだ事があるので、今日はオートランを切らずに会話してました。しかし、今日は会話中に攻撃はされませんでしたね。

サザン民・・・なかなか粋じゃないですかw  また行くぜぇぇ~!

| コメント (2)

2006年12月 8日 (金)

久しぶりボス狩り

12/6 多分w

久しぶりにボス狩りしようよって事で、RED・カミーユ・まりゅー・ググ・ミスト・マグロ・リケルメ集まりました。 準備万全!さぁ行くぜ!

で・・・新しい配置になってからのボスの位置って誰か知ってるの?

「知らん」  「さぁ」   「前の場所も知らん」

・・・(--; ・・・・・さすがたぜslomon隊・・・w

誰も場所知らんのにボス狩りするって言うなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!w

色々考えてる時に、ふとコミュを見たらイソさんがインしてたので相談してみた。

RED「あのぅ・・ボスやりたいってチムで言ってるんですけど、○ミデアの場所知ってますか?」

イソグラム「知ってますよ^^ 案内しますよ」

(T_T)くぅ・・・なんて親切なんだ!!バカな隊長にお気楽なメンバーの我が隊の為に、わざわざ案内までしてくれるなんて・・有難うイソさん!

で、イソさんに案内してもらいボスに無事到着。 補給部隊から結構走るので、武器テントを張ろうって事になりました。

RED「テント張ってね~」

「俺張れないよ」   「俺少尉」   「俺も中尉だよ~」

・・・(--; ・・・・・さすがたぜslomon隊・・・w

大尉以上が一人も居ないのにボス狩りするって言うなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!w

イソグラム「サブキャラでINしてテント張りますよ(^^; 」

(T_T)くぅ・・・なんて親切なんだ!!毎日死にまくって、大尉以上が一人も居ない我が隊の為に、わざわざテントまで張ってくれるなんて・・有難うイソさん!

で、気がつけばイソグラム氏をはじめ、151A-02のジャムナスさんやらN星人さんやらのメンバーが追加で参加してきて、ちょっとしたボス狩りパーティーに発展してましたw

このメンツでやると、Nが湧いた瞬間に全員でおりゃああああぁぁ!って感じで集中砲火w 一瞬でNが灰になっていきます。 その光景を見ていていると、まるで自分がバースやサザンで死ぬ瞬間みたいだ・・と思い、ちょっとNが可愛そうでしたw

ボスやってる時にSSを撮り忘れちゃったので、最後に記念撮影

120601 ソゴックがイソさんねw

いつもPvに必死になってましたけど、たまにはこういう狩りも楽しいですね^^ 新しく親しくなれた人もできたし、こういうコミュニケーションは大事にしていきたいです。

120602

最後に戦利品をみんなで分け合いました。 大したものは出なかったけど、イソさんやジャムナスさん達と共同で遊んだっていう事で得た友情が、何よりもの大収穫でした。友情は金で買えん。

こんな楽しい場所を提供してくれたイソグラムさんに大感謝です^^

ありがとうございました。m(__)m

| コメント (2)

熱いぜsolomon

12/4だったと思うけど、チームの主力メンバーでゲリラに行きました。  最近忙しくて、ブログもまとめ書きになってしまい日付もハッキリ覚えてないですw

まずバース。

街に行くか補給を叩くか?とメンバーで相談の結果、時間的な関係もあるので補給叩きに決定。  初心者に遭遇する確率も低いので、これはこれでいいですね。

うりゃうりゃGOGOのドム軍団。 茨城辺りの族みたいだw

120401

もう4日前の記憶をたどりながら書いてるので、ハッキリと覚えてません(おいw)

たしかココで3機くらい仕留めたと思ったけど、ハッキリと覚えてるのは エマ・シーン氏搭乗のガンダムRX-78-2! これは大物でしたね^^

ポイントから東西南北に分散して検索、まりゅーさん&ミストさんコンビが発見しました。 RED達がチャットで聞いて駆けつけたときには、もうエマ氏は死臭が漂ってました。(狩りの途中ですからね) で、REDはRX78-2に1発しか撃てなかったのが心残りでしたが、連邦軍最高峰のガンダムを無事撃破。 やったぜGJ w

落とされた後のエマ・シーン氏の態度も紳士で好感がもてました。 落とされた後に、チャットで「ジオン死ねー!」「来るんじゃねー!」とか言う人をよく見かけますが、ハッキリ言おう 敵が来なきゃゲームにならんのだよ  更に言おう!君が何機落とされたか知らんが、俺なんかもっとやられてるよ わはははははは!

話が少しズレたけど、エマ・シーン氏の「乙^^」なチャットは紳士で本当に立派でした。 また対戦しましょう^^ナイスファイト!

あ、思い出した。

エマ氏の前にLAに乗った中級クラスの人をやったんですけど、「もう破産だぁぁぁ~(T_T)」って言ってたのでミストさんが50万プレゼントしてましたねw  

自分も過去に、マゼラに乗った新人さんが必死に撃ってきたので、威嚇のつもりで一回斬ったら爆死させてしまい(^^; 可愛そうだったので100万渡したことがあります。

しかし、その時は可愛そうだと思ってとった行動だったけど、本当にゲームを楽しむのなら悪の軍団に徹するのが正解だったのかもしれないです。「連邦が憎い・・・いつかやりかえしてやる!」とブツブツとひとり言を言いながら、必死にスキルを上げていた頃の自分を思い出しますw。 まぁケースbyケースなんですけどねw

120402

さて、バースを後にした水戸黄門の一行は(ほぅ) 一路サザンの街へと進みました。

あ、メンバー書いてなかったですねw えっと RED・カミーユ・まりゅー ・ギルバート・ミスト・ググ・マグロ の7人・・・だったかな?w おぼえてねー!w

でも多分7人

んで、7人で街にクラッカーを投げまくりました。 メンバーから「隊長!クラッカー投げる時にうおおおおーっって言ってね」とリクエストが出ていたので、事前にチャット欄に「うおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉーっ!」と入力しておいたRED。 こういう所には必死になりますw

で、いざ本番

「ここだ!」うおおおーを放つにはここしか無いというポイントでチャットを打つ

お?

軍チャになってました・・・orz

画面がカクカクでそれどころじゃないのにチャットをミスるとはっっ!(T_T)クゥ (必死になるトコじゃないよ)  再度エリチャに切り替え 「うおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉーっ」 よし!言ったぜ!わはははははは! 今度はクラッカーだ!

   はっ! 

しまった・・ クラッカーの装備忘れたぜ・・orz

「うおおぉぉ」に必死になり過ぎて、一番大事なクラッカーを忘れてくるとは・・くうっ(T_T)今日もGJだぜ俺。

あの時、実はクラッカーを忘れてた事を今はじめてブログで明かしましたw すまんw

で、お約束の迎撃部隊がどば~っと出てきたのでボスまで退却。 途中の連邦側のチャットが面白かった 「まて~い!ルパ~ン!」 だってww 俺はルパンぢゃねー!w

で、ボスゾーンを使いなからよく戦いました。連邦側も釣りと知ってて追ってきてくれたので、押し押されと激しく戦えて楽しかったですね。 特にU_Bravehart氏は「釣りと分かってるけど着いていくか~」とチャットで言ってたし動きも良かった。 単機で我が隊の横腹を突いてくるとか、なかなかの戦いっぷりでした。有難うございますm(__)m

で、お祭りの最後は全員爆死で昇天w 7人でよく戦いましたよw

主力メンバーの個々の力が上がったので、以前に行ったときより格段に上手く戦えました。今後の課題はやはりボイスチャットかな? 無しで通そうぜ!と言って頑張ってたけど、やはり限界を感じますね。

なにはともあれ、バース民とサザン民の皆様、熱く迎撃してくれて有難う!また行くぜw

| コメント (0)

2006年12月 2日 (土)

12/2 悪の軍団?w

12/2 カミーユ氏と2人で、バースに小ゲリラ活動に向かいました。

12_02_1

街周りをグルっと回ったが不発で、しかたないので補給部隊を破壊しまくりながらテントに向かう2人。 が、ここでもNSが一人と初心者さんが2人居るだけ。 ならば、と、ハンガーに乗り「POZ参上!わはははははは」とチャットで叫ぶRED。  きっとウザがられていたに違いないw。 で、初心者さんに1発だけ撃ってテントを後にしました。

アディオス!w

土曜の午後なら狩場も居るだろうって事で狩場を回り、ここで3機ゴチになり少しドライブ。 さらに、新しい狩場を数箇所発見してホクホクで一旦補給に戻りました。

んで、いよいよメインのクラッカー大会w。  2人でクラッカーを装備して、バースの街の東側から投げる投げる投げる。  激しい爆発と共に、ターゲットのトラックが次々と消えていく。 調子にのってる所に、ついに迎撃隊の登場 「きたぁぁぁ~w」 。

カミーユ・ビダン&REDデリ・へるは自称ゴールデンコンビである。2人のみのゲリラの際にはチャット不要。 阿吽の呼吸で反転する・・・あれ?

「きゃぁぁぁぁ~!w」 またまたオートランが入らない。キーを押してるのに入らんのだw  一気にタゲが集まる。どこかで聞いた死臭がプンプンしてきたってのはこの事なのか!(C)mugen w。

逃げ遅れたREDをレーダーで確認して、すかさずカミーユ・ビダンがフォローに入る。さすがゴールデンコンビだ。 ん? なんかカミーユ氏だけが凄くてREDがお荷物のような気がするって?気のせいですよw わはははははははははは   バキッ☆「アベシッ」

カミーユ・ビダン氏のナイスフォローとリペ成功で、その場をなんとか脱出。 追っ手はたしか6~8機くらいだったと思うけど、覚えている人だけ書きます。 モスバーガー氏 テル・クロウ氏 Diaz氏 小春氏 plata氏 他の面々。

2手に分かれて追っ手を分散するカミーユ&RED。 REDの追撃が止んだので、回り込んでカミーユ氏の援護に向かう。 斜め背後から接近して行くとカミーユ氏の追っ手は4機。 陸ガン搭乗で階級が少佐のplata氏を狙う。

12_02_a_2

数発攻撃すると、気がついたplata氏が反転。追いかけるRED。

追われる立場から追う立場への逆転。これぞまさにUCGOの醍醐味。 硬い陸ガンを何とか落とした。  あ・・・(^^;

12_02_b_3

plata氏・・大尉になっちゃった(^^; ごめんなさいw  でも、熱く戦ってくれて有難うございましたm(__)m

plata氏を夢中で追いかけて、すっかりカミーユ氏の事を忘れていたRED(さすがゴールデンコンビだ) まぁカミーユ氏なら大丈夫だろうと救援に向かうと、やはり生きてましたw  ボスゾーンで交戦中。

カミーユ氏の追っているテル・クロウ氏にタゲを合わせる。

12_02_c_1

テル・クロウ氏撃破。

12_02_d_2

追っ手は全て撃破。熱く戦っていただいて有難うございましたm(__)m。

で、今日の戦果は7機+トラック?台。2人のゲリラにしては上々だ。 カミーユ&REDは意気揚々とダーに帰還しました。

ウリャウリャだぜ!

最近はブログ等で連邦メンと話をしてるので、なんとなく情が湧いてきてしまいます。 しかし、ゲームを楽しむ上では憎むくらいでないと燃えないですね。 なので、これからも悪行三昧を行いますw 目指せ!北斗の拳の悪者軍団ww

MSを降りれば楽しく会話が出来るしね。

| コメント (2)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »